医師が教えるニキビケア・予防・治療法などのニキビ情報サイト

スキンケア 化粧水

【ニキビの光治療】皮膚科医がわかりやすく解説

スキンケア 化粧水
ニキビのための光治療(IPL、PDT光線力学療法、LED)の効果、費用、口コミをわかりやすく解説。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする
  • はてなブックマークする

2016-09-17更新

 

西川 ニキビ治療 皮膚科医この記事の監修医師
アクネスタジオ
院長 西川嘉一

 

70%OFF キャンペーン監修医師のニキビ専門皮膚科
30名限定 モニター大募集
ニキビ治療 70%OFF

 

光治療の種類

光治療には大きく分けてLED、光線力学療法(PDT)、IPLがあります。
最も効果が高いのはPDTで、ついでIPL、LEDとなります。費用はやはりPDTが最も高く、ついでIPL、LEDとなります。LEDは効果が低いので、西川のクリニックに機械はありますが、施術していません。IPLは気軽に受けることができる施術なので、希望者の多い人気施術です。PDTも効果が高く人気の高い施術です。PDTは施術後に、赤みや一時的なニキビの悪化があったり、術後日焼け止めなどが必要なので、予定を調整できる方におすすめの治療です。

 

 

PDT

IPL

LED

効果

高い

中間

低い

費用

3万-5万円

1万-4万円

3千-5千円

ダウンタイム

2日-1週間

ほとんどなし

なし

施術時間

1-5時間

20分

20分

効果

高い

中間

低い

 

光線力学療法(PDT)

ニキビに対する、光線力学療法(photodynamic therapy)は、5-アミノレブリン酸(5-ALA, 5-aminolevulinic acid)を皮膚に塗り、その後ライトを当てる治療です。
ニキビへの効果は高いです。通常3-4週おきに計3-4回程度行うことが多いです。皮膚科ごとに使用している5-ALAの濃度やライトの種類・照射時間などが異なります。そのため、皮膚科ごとに治療間隔・回数・効果が異なります。

 

参考ページ

PDT【ニキビの治療】光線力学療法PDTを皮膚科医がわかりやすく解

 

 

IPL(フォトフェイシャル、フォトシルク、ライムライトなど)

 

ニキビへの効果:中程度、ニキビ跡の赤みにも効果がある
フィルターを使用し、特定の波長の光にすることで、ニキビにより効果的な治療になる。
その他の効果:シミを薄くする作用もある
副作用:やけど、肝斑の悪化
機械の名前:フォトフェイシャル・フォトシルク・アイソレイズ・ライムライト

 

参考ページ

IPL ニキビ【ニキビの治療】IPL(光治療)を皮膚科医がわかりやすく解説

 

 

LED

LEDは色によってニキビに対する効果が異なります。効果は総じてマイルドですが、肌へのダメージも少ないのが特徴です。

ニキビへの効果:マイルドな殺菌作用
青色
青色LEDはニキビ中に存在するポルフィリンに作用し、活性酸素を発生させます。その活性酸素がアクネ菌を殺菌してくれます。
黄色
ニキビにはほとんど効果はありません。
赤色
ニキビにはほとんど効果はありません。

 

70%OFF キャンペーン監修医師のニキビ専門皮膚科
30名限定 モニター大募集
ニキビ治療 70%OFF

 

監修医師 西川嘉一について ニキビ治療のエキスパート 美容皮膚​​​​科医 東大医学部卒