医師が教えるニキビケア・予防・治療法などのニキビ情報サイト

フォトピーリングプレミアム

フォトピーリングプレミアム 西川先生のニキビ治療

フォトピーリングプレミアム
美容皮膚科医西川が開発したオリジナルニキビ治療、フォトピーリングプレミアムを解説。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする
  • はてなブックマークする

2016-07-21更新

ニキビを治すだけでなく美肌を目指す治療がフォトピーリングプレミアムです。

うるおい、ふわふわ、さっぱり、クリーンの4つの肌の特徴を目指すよくばりな治療です。

 

西川 ニキビ治療 皮膚科医この記事の監修医師
アクネスタジオ
院長 西川嘉一

 

先生4薬の効きにくいニキビの治療例
西川先生の治療日記

 

1.フォトピーリングプレミアム開発経緯

西川はニキビ治療に悩んでいた

西川 悩み

美容皮膚科医西川はニキビの相談にくる患者さんの悩みに頭を抱えていた。
美容皮膚科に来る患者さんは、保険診療の皮膚科での治療に満足できなかった方や、治療に難渋している患者さんが多いのだ。しかも悩みの幅が広い。

 

保険 効果ない

ある患者さんは「皮膚科の治療でニキビは多少良くなったが、肌が荒れてしまった。私はニキビを治したいのではない、キレイな肌になりたいのだ。」また別の患者さんは「私のニキビには皮膚科の治療は全く効かなかった。」と訴えた。

 

海外のニキビ治療

そんな患者さんの声に応えるために、西川はニキビ治療の文献を日本のものにとどまらず、海外のものを中心読み漁った。そして、日本のニキビ治療は世界標準から遅れていることを実感した。この薬もあの薬も日本だと保険が通っていない。だから普通の皮膚科では世界標準治療を受けられない。

 

ニキビ 世界標準治療

 

世界標準のニキビ治療の導入

3

西川は保険の効かないが、治療効果の高い世界標準の治療を導入することを決めた。
効果の高い治療で患者さんは満足してくれるはずだ!西川の心は踊った。

 

世界標準のニキビ治療を開始から数ヶ月たった。

またしても西川は悩んでいた。

西川悩み2

世界標準のニキビ治療に満足してくれる患者さんはそれほど多くなかったからだ。
もちろん今まで治らなかったニキビは良よくなった。
それで満足した患者さんもいて、導入した価値はあった。

 

世界標準のニキビ治療

世界標準の治療の満足度は日本の標準治療よりも高いものだったが、西川が期待するほどの満足度はなかった。

 

転機

世界標準のニキビ治療3

そんなある日、ある患者さんに「ここでの治療でニキビは良くなったが、肌が荒れちゃいました。私、ニキビがなくてもガサガサな肌はいやなんです。ニキビがないだけじゃなくてぷるふわなお肌になりたいんです。」と、かつて西川が他の患者さんから言われたことと同じことを言われ、ハッとした。

 

ニキビ治療 副作用

西川が期待するほどの満足度を得られなかったのは、治療途中で副作用が強く出て、やめてしまう人が多いのが原因だった。
ニキビをなくすことを目標していた西川は、ニキビ治療の結果のために日々おきてしまう乾燥や赤みなどの副作用を軽度なものとして耐えられるものと思い込んでしまっていた。
しかし、おしゃれを楽しむ女の子には、それは重度な副作用なのである。

 

ニキビ治療から美肌治療へ

そこからが本当のニキビ治療の開発の始まりだった。

フォトピーリング開発

 

それまで治療は皮脂の分泌を抑えることで、肌が乾燥し、肌のバリア機能を落としてしまうものだった。

従来のニキビ治療

西川は、肌のバリア機能を犠牲にする治療から、肌のバリア機能を回復させ、肌本来の力を取り戻し、美肌をめざす治療へと大きく方針を転換することにした。

 

フォトピーリング」

できる限り肌に負担をかけないニキビ治療のために、世界標準を超えて必要な治療の方法を試行錯誤した。

 

フォトピーリング完成

レーザー治療がよいと聞けば、いろいろなレーザー治療を西川自身が受け、あのピーリング剤がよいと聞けば、とりよせて西川自身の顔で試した。
ダウンタイムがありませんとレーザーの会社から説明を受けたレーザー治療を西川が受けて、顔にドット状の跡が残ったこともあった。

 

6

自分自身の目で見て、体感して、自信を持って患者さんにすすめられるニキビ治療に辿り着いた。

 

フォトピーリング

それこそが「ぷるぷる」、「ふわふわ」、「さっぱり」、「クリーン」な美肌を目指せるフォトピーリングプレミアムである。

 

ニキビ治療

 

西川は今もさまざま治療を自分自身で試しながら、フォトピーリングプレミアムを進化させている。

ニキビ治療進化

 

2.ぷるぷるケア=肌のバリア機能を回復

ぷるぷるしたうるおいのある肌は、肌のバリア機能が高い状態にあります。
ニキビができるとき、多くの人は肌のバリア機能が低下しています。
そんな肌のバリア機能を回復させる治療、それがフォトピーリングプレミアムの施術のうちの一つモイスチャージとオリジナルニキビ薬アクネオです。
モイスチャージは抗炎症作用のある薬剤と保湿効果のある薬剤をエレクトロポレーションという方法で肌の奥まで浸透させることで、肌のバリア機能を回復させます。

 

3.ふわふわケア=角質を柔らかくする

ふわふわなお肌は角質が柔らかく、きめが細かいです。
ニキビができるとき、多くの人の角質は硬く固まったカチコチの角質になっています。
固くなった角質をやわらかくふわふわにする作用があるのがサリチル酸マクロゴールピーリングです。
 

4.さっぱりケア=皮脂の分泌を抑える

さっぱりしたお肌は、皮脂の分泌量が適度になっています。

ニキビができるとき、多くの人の肌は皮脂の分泌が過剰になっています。
皮脂の分泌量を抑えてくれる治療が、オリジナル治療薬のアクネオです。

 

5.クリーンケア=お肌のフローラを整える

クリーンなお肌では、お肌の常在菌のバランスがよいです。

ニキビができるとき、お肌ではアクネ菌が過剰に繁殖しています。
過剰に増えてしまったアクネ菌を減らしてくれるのが、フォトシルクプラスです。

 

これらの治療に加えて一人ひとりの肌の状態に合わせてホルモン治療や外用薬・内服薬を使用するよくばりなプランがフォトピーリングプレミアムです。

 

6.各治療の解説

アクネオ

お肌のバリア機能を回復しつつ、角質・皮脂を整えるニキビ治療薬です。

アクネオアクネオ オリジナルニキビ治療薬

 

サリチル酸マクロゴールピーリング

ケミカルピーリング【ニキビの治療】ケミカルピーリング。効果・費用を皮膚科医がわかりやすく解説。サリチル酸マクロゴールがおすすめ

 

フォトシルクプラス

フォトシルクプラス【ニキビのための光治療】フォトシルクプラス

 

 

先生4薬の効きにくいニキビの治療例
西川先生の治療日記

 

監修医師 西川嘉一について ニキビ治療のエキスパート 美容皮膚​​​​科医 東大医学部卒