医師が教えるニキビケア・予防・治療法などのニキビ情報サイト

ニキビ 血 噴火

【ニキビから血が出た】皮膚科医のリアルな対処法

ニキビ 血 噴火
【医師監修記事】ニキビが潰れて膿や血がでてきたときの対処法を医師が伝授。洗浄と湿潤療法(キズパワーパッド、ワセリンなど)の方法をご紹介。ニキビの傷に消毒をしてはいけないって知ってましたか?
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする
  • はてなブックマークする

2017-07-24更新

「ニキビから血が出てる!」
知らないうちにニキビから出血していてビックリしたことありませんか?
跡になってしまわないか心配ですよね。
ニキビから出血してしまった場合の対処法をご説明します。

 

西川 ニキビ治療 皮膚科医この記事の監修医師
アクネスタジオ
院長 西川嘉一

 

FREEサムネ大阪開院&渋谷移転キャンペーン!
ニキビLabo監修医師のニキビ専門皮膚科がオープン

 

先生4関連記事
薬の効きにくいニキビの治療例

西川先生の治療日記

 

 

1.潰してもいいニキビは黄ニキビだけ!(ただし適切な方法で)

黄ニキビ ワセリン 白ニキビ

ニキビがあるとついつい潰したくなってしまいますよね。
しかし、多くの場合ニキビを潰すと、ニキビ跡になってしまいます。
そんな中、潰していいニキビが一つだけ存在します。
それは黄ニキビです。

黄ニキビの中でも皮が薄く、もう少しで出てきそうなものが潰すのに適しています。

赤ニキビ ワセリン 白ニキビ

 

白ニキビ、赤ニキビ、紫ニキビは潰すと色素沈着やクレーターの原因になる

白ニキビ、赤ニキビ、紫ニキビは潰しても、うまく芯がでないため、相当強い力をニキビにかけてしまいがちです。
そのため、色素沈着やクレーターの原因となります。

 

ニキビ跡 クレーター 治し方

 

 

 

2.黄ニキビの潰し方&潰れて血が出ているニキビの対処法

スキンケア 口コミ

皮の薄い破裂しそうな黄ニキビをキレイに潰すには、それなりの物品が必要になります。
普通のご自宅で必要な物品を揃えるのは難しいので、皮膚科での面皰圧出をおすすめします。

  1. 手を洗うまたは、清潔な手袋はめる
  2. アルコール綿で消毒
  3. 清潔な針で穿刺
  4. 軽い力で圧迫して膿を出す
  5. 水で洗い流す(傷になった状態では、消毒をしてはいけません)
  6. ワセリンをぬって、シールを貼る。またはキズパワーパッドを貼る
  7. ワセリン+シールまたはキズパワーパッドを2-3日に一回貼り替える

 

ポイント1:感染を防ぐ

汚い手や針でニキビを潰すとそこから細菌感染し、状態を悪化させます。
そのために、清潔を保ちましょう。

ポイント2:潰す前は消毒するが、潰したあとは消毒しない

清潔を保つということで、傷を消毒したくなってしまいますよね。
もちろん、潰す前には消毒をします。
しかし、潰したあとで傷になっている部分は消毒してはいけません。
傷を消毒すると傷の治りが悪くなるので、健康な人の傷は消毒せず、水などで洗い流すのが、医学的常識になっています。

ポイント3:湿潤療法(ワセリン+シールやキズパワーパッド)

傷の治りを良くするのが湿潤療法です。
乾燥した皮膚よりも、ある程度の水分があった方が、傷がキレイになおります。
色素沈着もしにくくなります。
ただし、湿潤療法では細菌が繁殖してしまうこともあるので、注意が必要です。
湿潤療法中に膿がたまるようなことがあれば、湿潤療法はあきらめ、乾燥させたほうがよいです。
また、その状態では、美容皮膚科での診察が必要になることがあるので、美容皮膚科に相談してみましょう。

 

 

3.潰れたニキビにしてはいけないこと

lgf01a201412300300

ポイント1:強い力でニキビの芯や血を出す

ニキビの芯が出てこないとき、ついつい爪を立ててニキビを強く押したりしていませんか?
凹みや色素沈着になりやすくなるので、軽い力で芯が出なかったときは素直に諦めましょう。

ポイント2:かさぶたは剥がす

かさぶたは無性に剥がしたくなってしまうことがありますよね。
しかし、ニキビから出血してしまってかさぶたが出来た時は、かさぶたを無理にはがそうしないでください。
かさぶたは傷口を治そうと保護してくれています。
ムリにはがすと、色素沈着のリスクが上がりますので、自然と剥がれ落ちるのを待ちましょう。

ポイント3:傷が治る前にステロイドや外用抗菌薬を塗る

傷の治りを遅くするステロイド(リンデロンなど)や外用抗菌薬(ゲンタシンなど)は、血が出ている間は塗らないようにしましょう。

 

 

4.まとめ

血が出るようなニキビをできないようすることが一番大切

おすすめの皮膚科を看護師が解説

潰れてしまって血が出ているニキビの対処法をご紹介しましたが、そんなニキビをできないようすることが一番大切です。
まずはスキンケアを見なおしてみましょう。

 

FREEサムネ大阪開院&渋谷移転キャンペーン!
ニキビLabo監修医師のニキビ専門皮膚科がオープン

 

先生4関連記事
薬の効きにくいニキビの治療例

西川先生の治療日記

 

正しいスキンケア【ニキビのためのスキンケア】皮膚科医がわかりやすく解説

スキンケアだけで良くならない体質的なニキビの方は、皮膚科でしっかりと治療することで、一生残るニキビ跡を予防できます。

 

 

5.美容皮膚科医西川もキズパワーパッドみたいなものを使います

doctor-1015626_640

キズパワーパッドはハイドロコロイドという素材でできています。
これが水分を適度に吸収しつつ、適度な湿潤環境を作ってくれて、ニキビをキレイに治してくれます。
西川は自分で自分のニキビを潰す機会はほとんどありませんが、傷ができるとクリニックにおいてあるハイドロコロイドドレッシング剤(キズパワーパッドを良くしたもの)を使用することで、傷をキレイに治すよう心がけています。

監修医師 西川嘉一について ニキビ治療のエキスパート 美容皮膚​​​​科医 東大医学部卒