医師が教えるニキビケア・予防・治療法などのニキビ情報サイト

にきび タバコ

【タバコで肌荒れ】禁煙できない人のためのニキビケア

にきび タバコ
【医師監修記事】禁煙できない人のためのスキンケア術をご紹介。タバコを吸うと喫煙者特有の白ニキビが悪化。またタバコによって肌が弾力を失い、ニキビ跡クレーターがより凸凹に。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする
  • はてなブックマークする

2016-08-31更新

色々スキンケアをしているけれど一向にニキビが減らない。
そんなお悩みのある方は、もしかしたらタバコを吸っていませんか?
タバコとニキビにはとても深い関係があるのです。

 

西川 ニキビ治療 皮膚科医この記事の監修医師
アクネスタジオ
院長 西川嘉一

 

先生4薬の効きにくいニキビの治療例
西川先生の治療日記

 

1.愛煙家のためのニキビケア!

d1df32839dcc37ee64ccc8922dbb9699_m

タバコは白ニキビもニキビ跡も悪化させてしまいます。
ニキビ対策には禁煙するのがいいのはわかっているけど、なかなか出来できないのが現実ですよね。
禁煙しないぶん、他のことをがんばって、カバーしてみましょう!

 

<ビタミンCを含む食材をたくさん摂る>

パプリカ、パセリ、アセロラ、キウイ、レモン、ブロッコリーなどビタミンCが豊富な食材を積極的に摂りましょう。

 

<ビタミンEを含む食材をたくさん摂る>

アーモンドなどのナッツ類やうなぎにはビタミンEが豊富に含まれています。

 

<自炊できなければサプリメントを利用する>

そうはいっても、なかなか食事だけでビタミン類をまかなうことは難しいもの。
そんな時はサプリメントを利用して栄養を補うようにして下さい。

 

<紫外線対策をしっかりする>

紫外線を浴びると肌を守ろうとして活性酸素が増えます。
さらに体内のビタミン類が消費されることになりますし、肌の乾燥も助長して過剰に皮脂が分泌されてニキビが悪化します。
真夏だけでなく、1年中日焼け止め対策は必要です。

 

<保湿をしっかりする>

過剰な皮脂分泌はニキビの大きな原因となりますが、これは肌が乾燥してしまっているため。
毛穴を清潔に保つとともに、保湿がとても大切です。
潤いが足りないためにそれを補おうとしてどんどん皮脂が分泌されてしまうからです。

顔を洗ったらすぐに保湿!化粧水をたっぷり使い、乳液などでしっかり蓋をして乾燥から肌を守るようにして下さい。

 

<肌に刺激を与えない>

皮脂を取ろうとしてごしごし洗うのは逆効果です。
肌に刺激を与えるとさらに皮脂が分泌されてしまいますので、クレンジングや洗顔は優しく、タオルで拭く時も水分を吸い取らせるようにして優しく拭き取ります。

クレンジングや洗顔料はニキビ肌用の低刺激なものを使うとより良いでしょう。

 

2.タバコで白ニキビが増える

a8101ddbf2c059d04412134052b34c48_m

私たちの肌には皮脂膜というものがあり、皮膚を保湿するとともに雑菌や汚れから肌を守ってくれる大切な役割があります。
皮脂膜が健康な状態であれば、なめらかで若々しい肌を保つことが出来るのです。

しかしタバコを吸うとニコチンの作用によって、このスクワランが酸化してしまい毛穴を詰まらせてニキビの元になるのです。

また、喫煙によってアンチエイジング効果の高いビタミンEも減少することがわかっています。ビタミンEは細胞の老化防止に必要不可欠な栄養素。

しかしタバコを吸うと体内に活性酸素が増えるためそれを取り除こうとしてビタミンEが大量に消費されます。ビタミンEが減ってしまうことで肌にダメージを与えニキビが出来やすくなるのです。

 

3.タバコを吸うとニキビ跡が目立つようになる

93179e3840fddfba6cf8a4e5e1d96edc_m

タバコを吸うとニキビが出来やすくなるだけでなく、ニキビ跡も消えにくくなっていきます。ビタミンEが失われた肌は老化しやすく、新陳代謝も悪くなっています。

同時にビタミンCも大量に失われてしまいますが、ビタミンCはコラーゲン生成に関わる大切な栄養素。ビタミンCが足りないとコラーゲンの減少にも拍車がかかり、肌の弾力が失われていきます。

つまり細胞自体も老化し、肌の真皮層に深いシワが刻まれるとともに、肌表面のニキビ跡も消えにくくなって目立つようになります。

タバコを吸い続けるほどシワも深くなり、実年齢よりもずっと老けて見えるように。タバコによって肌の老化が進んだ顔をスモーカーズフェイスと呼びますが、ニキビも増えて跡も消えにくくなるなら、禁煙した方がいいと思いませんか?

 

4.その他のタバコの害

4714404ad2e8978f55df3f4d49273e45_m

タバコの害はニキビだけではありません。

タバコは吸うと一酸化炭素が体の中を巡りますから、酸素が全身に行き渡らずに酸欠状態になります。その弊害として、動脈硬化、脳梗塞などの循環器系の病気を引き起こすとともにがんの原因になることが指摘されています。

また、ニコチンには強い依存性があるので、足りなくなるとイライラする、怒りっぽくなるなどの禁断症状が出ることもあり、タバコはまさに百害あって一利無しなのです。

 

5.まとめ

5ec92294ad817d70cf8171ee960a4521_m

ニキビは立派な「皮膚病」です。単なるできものと片付けないで!タバコは間違いなくニキビを悪化させ、ニキビ跡も消えにくくなります。

5年後、10年後に「禁煙しておけば良かった」と後悔しないように、今からでも遅くありません、あなたの肌のために禁煙にチャレンジしましょう。

 

先生4薬の効きにくいニキビの治療例
西川先生の治療日記

 

監修医師 西川嘉一について ニキビ治療のエキスパート 美容皮膚​​​​科医 東大医学部卒