ゼビアックスローション ニキビ

【ニキビの薬】ゼビアックスローションを皮膚科医がわかりやすく解説

ゼビアックスローション ニキビ
【美容皮膚科医監修】ニキビ新薬ゼビアックスローション。効果、副作用、使い方、ベピオ・ディフェリンなどの塗る順番を解説。さらに、同じ外用抗菌薬のアクアチムクリームやダラシンTゲル、デュアック配合錠と美容皮膚科医がランク付け。白ニキビやニキビ跡にはゼビアックスローションは効きませんのでご注意を。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする
  • はてなブックマークする

2017-01-24更新

 

監修医師がニキビ専門皮膚科をオープン。
ニキビの治療ケミカルピーリング50%OFF

 

ゼビアックスローション 皮膚科東京でゼビアックスローションの副作用・使い方のセカンドオピニオンが受けられる皮膚科

 

1.ゼビアックスローションとは

ゼビアックスローション ニキビ

 

ゼビアックスローションは商品名で、「オゼノキサシン」という成分を2%含有するニキビ治療薬です。
これまで保険治療で処方されていたニキビ治療薬(抗生物質)であるアクアチムクリーム(ナジフロキサシン)、ダラシンTゲル(クリンダマイシン)と同様の効果が期待できます。

ゼビアックスローションはニューキノロンというグループに分類され、アクアチムクリームも同じグループに属します。
ちなみにゼビアックスローションは日本の富山化学工業株式会社が創薬しました。

 

3割負担のときの値段(薬価)
ゼビアックスローション 1本 10g 約240円

薬価は2016年6月1日現在のものです。
他に診察料などがかかりますのでご注意ください。
また薬価は変動するので、ご購入の際にご確認ください。

 

アクアチムクリーム ニキビ 皮膚科 薬【ニキビの薬】アクアチムクリームを皮膚科医がわかりやすく解説

 

ダラシンTゲル ニキビ 皮膚科 薬【ニキビの薬】ダラシンTゲルを皮膚科医がわかりやすく解説(成分名:クリンダマイシンゲル)

 

2.ニキビ改善のメカニズム

 

ニキビの原因菌であるアクネ菌を強力に抗菌します。
その実力はアクアチムクリームの何倍もあります。(実験室でアクネ菌に対する抗菌力(MIC最小発育濃度)を計測すると、ゼビアックス=オゼノキサシンの方がアクアチムクリーム=ナジフロキサシンよりも何倍も優れていた)

 

ニキビ治療ではゼビアックスローションとアクアチムクリームはほとんど差がない

0eb0b2ebf76194635d253817cacdbef2_m

 

実際のニキビへの使用だとゼビアックスローションとアクアチムクリームの効果は大差がありませんでした。
実験室でアクネ菌への効果と、実際のニキビへの効果が異なることは多々あります。

皮膚科に行ってアクアチムクリーム、ゼビアックスローションのどちらを出されても、効果にあまり差がないと考えてよいでしょう。
実際のニキビへの使用だと、抗菌力だけでなく、菌がいる場所へ到達できるかなど別の要因もあるため、効果に差がなかったと考えられます。

 

3.ゼビアックスローションの副作用

ニキビ ホルモン治療 ピル マーベロン ヤーズ トリキュラー

 

気になるゼビアックスローションの副作用ですが、実はあまり多くありません。
ニキビ治療でよく使われるディフェリンゲルで発生する副作用の1/10程度しかありません。
数は少ないのですが、乾燥や刺激感(ひりつきなど)、そう痒感がそれぞれ約1%くらい発生します。

 

ディフェリンゲル ニキビ 皮膚科 薬【ニキビの薬】ディフェリンゲルを皮膚科医がわかりやすく解説

 

4.ゼビアックスローションの注意点と使い方&塗り方

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_m

 

 4-1.効果が出るには時間がかかる

 

平均的には、ゼビアックスローションだけを使用すると3ヶ月でニキビの数が半分くらいになリます。
なので、ゼビアックスローション単独での治療だと、改善まで時間がかかります。

 

 4-2.長期使用しない

 

3ヶ月でニキビの数が半分くらいになると書きましたが、3ヶ月間ゼビアックスローションだけで治療するというのは完全にNGです。
なぜNGなのでしょうか?
 
実は、ゼビアックスローションなどの抗菌薬を長期使用すると、耐性菌が発生し、ゼビアックスローションが効かなくなってしまうためです。
臨床試験で行われた特殊な環境なので、実際の治療での使われ方は異なります。
実際は中等症のニキビに対して、ディフェリンゲル+ゼビアックスローションで治療されることが多いです。
また赤みのないニキビに使用をしても効果がないので、白ニキビにはゼビアックスローションを使わないようにしましょう。

実際の皮膚科でのニキビ治療は下のページをご参照ください。

 

ニキビ 皮膚科 外用薬 内服薬【皮膚科ニキビ治療】3分でわかる!やさしい保険診療&ガイドラインベース

 

 4-3.1日1回!赤ニキビのあるところだけ

 

デアクアチムクリームやダラシンTゲルは1日2回なの対して、ゼビアックスローションは1日1回の使用です。
これが他の抗菌薬に対しての最大のメリットです。

ゼビアックスローションは赤ニキビのあるところだけに塗りましょう。
順番は、

洗顔→基礎化粧品→ディフェリンやベピオゲル→ゼビアックスローション

です。

 

 4-4.ニキビ跡にはゼビアックスローションは効かない

ゼビアックスローションは抗菌薬なので、菌がいなくなったニキビ跡に使っても効果がありません。
長い間ゼビアックスローションを使い続けると、ゼビアックスローションが効かない耐性菌ができてしまいます。
なので、ゼビアックスローションを使う期間は、赤ニキビ・黄色ニキビがある部分だけに使うようにしましょう。

 

5.まとめ

ニキビ跡 簡単に消す方法

 

ニキビ治療においてゼビアックスローションはアクアチムクリームやダラシンTゲルと効果の面において、大きな差はありませんが、1日1回の使用ですむことから使い勝手が大幅に改善しました。
白ニキビには使用せず、赤ニキビに使用しましょう。

 

監修医師がニキビ専門皮膚科をオープン。
ニキビの治療ケミカルピーリング50%OFF

 

ゼビアックスローション 皮膚科東京でゼビアックスローションの副作用・使い方のセカンドオピニオンが受けられる皮膚科

 

6. 美容皮膚科医西川はゼビアックスローションを使うのか?

西川はゼビアックスローションをときおりニキビの患者さんに処方します。
ゼビアックスローションと同じニキビの抗菌外用薬ではデュアック配合ゲルがもっともニキビに効果的です。
なので、抗菌外用薬としてはデュアック配合ゲルを主に処方しています
しかし、デュアック配合ゲルが肌に合わない人(アレルギーなど)もいるので、そういう人にゼビアックスローションを使用します。

効果の実感としては、

デュアック配合ゲル>ゼビアックス≒アクアチムクリームダラシンTゲル

です。
効果としてはデュアック配合ゲルとその他の抗菌薬グループで差があるように感じます。
(これは西川の個人的な見解です)
また、「肌に合わない」や抗菌薬が効かない「耐性菌」などに個人差があるため、すべての人にこの順番で当てはまるわけではありません。
加えて、他に併用している治療により、選択すべき抗菌薬は変わりますので、薬の選択は担当医とご相談ください。

監修医師 西川嘉一について ニキビ治療のエキスパート 美容皮膚​​​​科医 東大医学部卒