医師が教えるニキビケア・予防・治療法などのニキビ情報サイト

ビーグレン

【ニキビの化粧水&洗顔料】ビーグレンを医師がわかりやすく解説

ビーグレン
ニキビ用化粧水・洗顔料のビーグレンの価格、効果などがわかります。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする
  • はてなブックマークする

2017-02-24更新

ニキビ肌の方に人気の化粧水&洗顔料のビーグレンについてまとめました。

 

1.ビーグレンとは?

女性

ビーグレンとは、ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社から発売されている化粧品ブランドです。
ニキビのみならず、シミ、たるみ、しわ、くすみ対策の化粧品を出しています。
薬学博士のBrian C. Keller氏が最高研究開発責任者をつとめています。

 

1-1.ラインナップとプライス

値段

ビーグレンのアイテムと、価格をご紹介します。(2017/02/21現在)

【ラインナップとプライス】

種類 価格
洗顔料 クレイウォッシュ 3,800円 (税抜)
化粧水 クレイローション 3,700円 (税抜)
美容液 Cセラム 4,700円 (税抜)
クリーム QuSomeモイスチャーゲルクリーム 6,000円 (税抜)

 

 

2.ビーグレンの効果とは?

gahag-0037530941

ビーグレンに含まれている成分をいくつかご紹介します。

 

2-1. 天然クレイ「モンモリロナイト」

6c2d4d3315b5676db1bd56d1aecf22fb_m

天然クレイ「モンモリロナイト」が皮脂を取り除いてくれます。
しかし、ニキビに対する効果については、医学的論文が少ないです。(世界有数の論文検索サイトPubMedの検索で0件)
しかし、クレイ(泥)によるニキビへの治療は昔から試みられており、一定の効果があると考えられます。

 

2-2. ピュアビタミンC

woman-804068_640

ニキビに効果のあるビタミンCを超微小カプセルに包み込み、肌の奥まで浸透させます。
ビタミンC誘導体APSなどのニキビへの効果が、美容皮膚科学会などで報告されています。

 

2-3. うるおい成分

スキンケア 化粧水

アクアタイド(ヘキサカルボキシメチルジペプチド‐12、アリスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸が潤いを与えてくれます。

 

 

3.ビーグレンのメリット&向いている人(監修医・西川の見解)

先生2

ビーグレンの成分は、どのような肌質の方に向いているのか、私、西川の見解をはこうです。

◯ 乾燥肌の方

ビーグレンは保湿力に優れているので、乾燥肌の軽症大人ニキビに向いています。

 

4.ビーグレンの副作用&向いていない人

先生4

ビーグレンの成分は、残念ながら肌質上に向いていない方もいます。私、西川の見解をはこうです。

◯ 脂性肌
◯ 中等症以上のニキビ

ビーグレンは皮脂を抑えたり、ピーリング作用が弱い為、脂性肌の中等症以上のニキビには効果がうすそうです。

 

5.ビーグレンの使い方

ビーグレンの各ラインナップの使用方法を簡単にご紹介します。

 

5-1. 【洗顔】 クレイウォッシュ

ビーグレン洗顔

洗顔料を手のひらにとり、優しく肌の上に置くように洗顔しましょう。
ゴシゴシこすらないで優しくお肌になじませる程度にしましょう。
1日2回(朝・夜)が標準的な洗顔回数です。
著しく汗をかいたり、泥汚れがつくようであれば、その都度、洗顔しましょう。

 

5-2. 【化粧水】 クレイローション

ビーグレン

化粧水をパール粒大ほど手に取り、目周りをさけて顔全体になじませましょう。
ポイントは叩くようなパッティングしないことです。
こすったり、パッティングをする方がよく化粧水が浸透するのでは?と考える方も多いようですが、それは間違ったスキンケア方法です。
ニキビの炎症を誘発・悪化させたり、他の肌トラブル(肝斑など)を引き起こす可能性があるので、NGです。

1日2回の使用が目安です。

 

5-3. 【美容液】 Cセラム

ビーグレン美容液

クリームを手にとり、たっぷりと顔全体に伸ばしましょう。
ポイントはこすらないこと、叩くようなパッティングしないことです。
パッティングをする方がよくクリームが浸透するのでは?と考える方も多いようですが、それは間違ったスキンケア方法です。
ニキビの炎症を誘発・悪化させたり、他の肌トラブル(肝斑など)を引き起こす可能性があるので、NGです。

1日2回の使用が目安です。

 

5-4. 【クリーム】 QuSomeモイスチャーゲルクリーム

ビーグレンクリーム

ゲルクリームを手のひらにパール1~2粒大取り、顔全体に伸ばしましょう。
ポイントはこすらないこと・叩くようなパッティングしないことです。
パッティングをする方がよくクリームが浸透するのでは?と考える方も多いようですが、それは間違ったスキンケア方法です。
ニキビの炎症を誘発・悪化させたり、他の肌トラブル(肝斑など)を引き起こす可能性があるので、NGです。

1日2回の使用が目安です。

 

6.まとめ

woman

ビーグレンは、ニキビに良い成分が配合されており、軽症のニキビで肌質があえば、有効でしょう。
ビーグレンを含めた化粧水や洗顔料では、重症ニキビには効かないことも多いので、1ヶ月使っても効果が感じられない場合は、ニキビ専門皮膚科を受診しましょう。

監修医師 西川嘉一について ニキビ治療のエキスパート 美容皮膚​​​​科医 東大医学部卒