医師が教えるニキビケア・予防・治療法などのニキビ情報サイト

大人ニキビ 原因 治し方

【大人ニキビ】原因と治し方を皮膚科医がわかりやすく解説

大人ニキビ 原因 治し方
大人の女性にできがちな大人ニキビ。顎、頬にできやすく、ホルモンバランスのみだれなどが原因で発生します。治し方、予防法、化粧水について皮膚科医が解説しています。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする
  • はてなブックマークする

2016-09-19更新

 

西川 ニキビ治療 皮膚科医この記事の監修医師
アクネスタジオ
院長 西川嘉一

 

FREEサムネ大阪開院&渋谷移転キャンペーン!
ニキビLabo監修医師のニキビ専門皮膚科がオープン

 

先生4薬の効きにくいニキビの治療例
西川先生の治療日記

 

1.スキンケアで大人ニキビ対策

ニキビは毛穴が詰まることで発生する肌トラブルです。
ではどのようなときに毛穴が詰まるのでしょうか?
皮脂分泌過多やストレスによって毛穴は詰まりやすくなりますが、その他に日々使っているファンデーションやコンシーラーの洗い残しなども毛穴詰まりの原因になります。
仕事で夜疲れてメイクを落とさず寝てしまったりしてしまうことって、ありますよね。
でも、それが大人ニキビにつながってしまいます。

 

おすすめセルフケア 〈ジェルタイプのメイク落としでやさしくメイクオフ〉

メイク落としは様々なタイプがありますが、大人ニキビにはジェルタイプのメイク落としがおすすめです。おすすめな理由は、「余計な油分が少ないここと」と「肌をこすりすぎずやさしくメイクを落とすことができる」ということです。

強過ぎるメイク落としを使用すると、洗い過ぎにより、必要な皮脂までも取り除いてしまうと、乾燥や皮脂の過剰分泌の原因に繋がります。
ジェルタイプのメイク落としは、洗浄力はそこまで強くはありませんが、丁寧に洗えば肌に負担をかけず、また肌の必要な油分を奪いすぎずにしっかりメイクを落とせるためおすすめです。

おすすめセルフケア 〈泡洗顔〉

洗顔は、泡洗顔を心がけましょう。泡には汚れを吸着する力があるため、ゴシゴシと強い力をかけなくても、しっかり肌表面や毛穴の汚れを取ってくれます。
ニキビ肌に負担をかけずに、毛穴が詰まりにくい洗顔を心がけましょう。

参考記事:コツがあった!?意外とカンタン!ニキビに効く洗顔の方法

 

医療のチカラで効果的に治療したい! 〈ケミカルピーリング〉

皮膚科やニキビ専門クリニックではケミカルピーリングという方法で、毛穴に詰まった角質や汚れを綺麗に取り除きます。
ケミカルピーリングは、毛穴のつまりを効率よく取り除くとともに再発を予防してくれます。
古い角質をオフすることで、ターンオーバーの促進も期待できます。
そのため「肌がすべすべになる」「肌の色がワントーン明るくなった」などの嬉しい声をよく聞きます。

ケミカルピーリングが気になる方は、ニキビ専門クリニックに相談してみましょう。

参考記事:【ニキビの治療】ケミカルピーリング。効果・費用を皮膚科医がわかりやすく解説。サリチル酸マクロゴールがおすすめ

 

保湿たっぷりが大切

「ニキビ肌には保湿はいらない!」と思っている方、多いのではないでしょうか?実はニキビ肌にも保湿は重要です。肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下します。バリア機能が低下したお肌はニキビができやすく、また治りにくいのが特徴です。そのためしっかりと保湿を行うよう心がけましょう。
「でも保湿をすると肌がベタついて、ニキビが増えそうで怖い」という方も多いのではないでしょうか。
そこで、ニキビ肌のかたでも安心して使用できる保湿剤や保湿方法を、セルフケアとクリニックケアでまとめました。

 

おすすめのセルフケア 〈ミネラルオイルで保湿する〉

ニキビ肌でも安心して使用しやすい保湿剤の1つに「ミネラルオイル」があります。
それはミネラルオイルが動物性オイル・植物性オイルに比べて、皮膚に塗った後の肌のニキビ菌の増加がかなり少ないためです。
手に入りやすいミネラルオイルといえば「ベビーオイル」や「ワセリン」などが挙げられます。
使い方は洗顔後、化粧水や美容液で肌を整えた後にお顔全体に塗ってみましょう。
特に感想を感じやすいホホやフェイスラインはしっかり塗ってみてください。

参考記事:【ニキビ肌に保湿】って、結局いるの?いらなの?

 

医療のチカラで効果的に治療したい! イオン導入をやってみよう

スキンクリニックになかには「イオン導入」という治療をご用意しているところもあります。
イオン導入とは、皮膚に微弱な電流を流し、美容液を皮膚深部に浸透させる治療です。
皮膚の表面に美容液や保湿剤をぬっても残念ながらすべてが浸透するとは限りません。
イオン導入を行うと、より効率よく確実に必要な美容成分を肌に届け潤いをキープできるのです。
浸透させる美容液を選べるクリニックも多いです。ニキビ肌には「ビタミンC」「トラネキサム酸」「グリシルグリシン」「グロースファクター」など、ターンオーバー促進・色素沈着改善・毛穴収れん作用のある美容液が良いです。

 

APS、APPS(ビタミンC誘導体)化粧水はニキビに効く

ビタミンC誘導体は炎症を抑える作用があり、大人ニキビに効きます。
化粧水ではAPS、APPSが高濃度で入っているものがおすすめです。

参考記事:ニキビにビタミンCの化粧水はなぜ効くの?

 

おすすめの洗顔料はダントツで低刺激

混合肌・敏感肌・乾燥肌の方は低刺激系の洗顔料を使いましょう。
市販のものでは、NOV(ノブ)やキュレルがおすすめです。
混合肌・敏感肌・乾燥肌の方にはピーリング石けんはNGです。

オイリー肌の人のみ、ピーリング石けんを使ってもOKです。
ピーリング石けん後はもちろん保湿をしっかりしましょう。

 

ファンデーションはミネラルファンデーション

ファンデーションはニキビになりにくい、ミネラルファンデーションがおすすめです。

オイリータイプ→洗顔料をピーリング石けんに。かならず保湿を!

参考記事:ニキビ肌に一番いいファンデーションを選ぶポイントを知りたい!

 

2.生活を見直して、大人ニキビ予防

寝れてますか?

まずは睡眠時間の確保が大切です。
睡眠時間が短いと、ホルモンバランスが崩れて、皮脂の分泌が増えてしまいます。
徹夜明けって、なぜかテカテカしちゃいますよね。
しっかり睡眠時間を確保できるよう頑張りましょう。

寝付きの悪いときは、睡眠薬に頼ってみるのもいいかもしれません。
寝付きが悪い人には、超短時間作用型のマイスリーなどという睡眠薬がおすすめです。
途中でおきてしまう方(中途覚醒)は、もうすこし長く作用するレンドルミンなどがおすすめです。

参考記事:【ストレスによるニキビ】原因と対策を皮膚科医がわかりやすく解説。

 

脂っこい食事。おいしてくてついつい。

脂っこいものを控えるのは大切です。
そうは言われても、難しいのが現実です。
そこで、おすすめなのがゼニカル(オルリスタット)です。
ゼニカルは、脂肪の吸収を防ぎます。
なので、ゼニカルと油を一緒に摂取すると、24時間くらいたつと油がそのままお尻からでてくるという、とんでもないお薬です。

参考記事:【牛乳・豆乳でニキビ悪化】皮膚科がわかりやすく解説

 

たくさん食べ過ぎてしまう。

食事量を減らしたいけど減らせない。
そんなときはスムージに置き換えたりするのが有効です。
お薬でどうかできないのかと聞かれることがありますが、食欲を抑える薬やサプリメントがあります。
それはサノレックス、BBXです。
サノレックスは中枢神経を刺激して、食欲を抑える作用があります。
少し依存性のある薬なので、注意が必要です。
処方は1回で2週間分までしかできないように制限されています。
もらいに来るのも面倒だと思います。
なので、できれば、スムージの置き換えですむといいですよね。

 

2-1.ホルモンバランスを整える

生理周期にあわせて、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンのバランスが変化します。
生理開始10日前くらいからプロゲステロンが増え始めます。
プロゲステロンが増えると皮脂も増えて、毛穴が詰まりやすくなります。
「普段はニキビができないのに、生理前だけニキビができて困る」というあなたは、女性ホルモンのバランスの乱れによりニキビ肌になっているのかも。
ではどうしたら女性ホルモンのバランスを整えられるのでしょうか?
効果的なセルフケアとクリニックでできる本格ケアをご紹介します。

まずはやってみよう! 〈イソフラボン〉

イソフラボンという成分を聞いたことがありますか?
イソフラボンとは大豆に多く含まれる成分で、接種すると女性ホルモン「エストロゲン」の働きに似た作用が期待できます。
エストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれ、肌を健やかに保つ効果があります。
生理前はエストロゲンよりプロゲストーゲンの量が多くなるため、エストロゲン似た効果のあるイソフラボンで補うと肌の調子を保ちやすくなります。
大豆製品である「納豆」「豆腐」「味噌」「豆乳」を食事の中に取り込むよう意識してみましょう。

 

医療のチカラで治療したい!クリニックでのホルモン治療 〈低用量ピル〉

「避妊薬」というイメージが強い低用量ピルですが、実は低用量ピルはニキビ治療に効果的な薬でもあります。
低用量ピルとは「女性ホルモンをコントロールする薬」です。
つまり、生理前のホルモンバランスの乱れを改善でき、生理前の皮脂分泌の増加を抑えてくれます。
そのため、低用量ピルを飲むことで、ニキビ治療効果とともに美肌効果も期待できます。
ただし、低用量ピルには様々な種類があり、また副作用もあります。
興味のある方は、ニキビ専門クリニックに相談してみましょう。

 

3.市販薬で大人ニキビ対策

市販薬もニキビに有効ですが、根本原因の解決にはつながらないので、一時しのぎの対応と考えてください。

テラ・コートリルには他の市販薬ではなかなか配合されていない抗菌薬成分:オキシテトラサイクリン塩酸塩が配合されています。
また抗炎症作用のあるヒドロコルチゾンも含まれていますので、ニキビを抑えるのに役立ちます。
ヒドロコルチゾンは長期使用で副作用がでるので、使用は短期間にとどめましょう。

ペアアクネクリームWはイブプロフェンピコノールとイソプロピルメチルフェノールでニキビを抑えてくれます。

ビフナイトはイオウとフェノールでニキビを抑えてくれます。

 

私のクリニックに来てくれた方には効果の面から市販薬をおすすめすることはありません。
しかし、クリニックにくるのが面倒な方には、やはり市販薬は多少効果が少なかったとしても、いい選択肢です。

 

参考記事:

【赤ニキビの市販薬】テラ・コートリルを皮膚科医がわかりやすく解説

【ニキビの市販薬ランキング】皮膚科医がわかりやすく解説

 

4.皮膚科で大人ニキビ治療

保険診療(軽いニキビに)

軽症の赤ニキビに有効です。
外用薬ではディフェリンゲル・ベピオゲル・デュアック・ダラシンTゲルなどが出されます。
また内服薬ではビブラマイシン・ミノマイシン・ルリッドなどが出されますので、医師に使い方をしっかり聞きましょう。

参考記事:

【ニキビで皮膚科!?】いくらかかるの?費用と選び方

【皮膚科ニキビ治療】3分でわかる!やさしい保険診療&ガイドラインベース

 

世界標準治療(重症ニキビに)

重症のニキビには保険診療ではカバーされていませんが、ホルモン療法・アゼライン酸・イソトレチノイン両方などが効果的です。

参考記事:

【ピルでホルモンレベルのニキビ治療】を皮膚科医がわかりやすく解説

【ニキビの薬】アキュテインを皮膚科医がわかりやすく解説(成分名:イソトレチノイン、別名:ロアキュテイン・ロアキュタン)

 

最先端医療(美肌ケア)

世界標準治療よりもさらに進んだ治療では、ニキビを治すだけでなく、美肌を目指します。
ケミカルピーリング・IPL光治療・PDT・プラズマなどがあります。

 

5.大人ニキビと思春期ニキビの違い

10代のニキビは「思春期ニキビ」と呼ばれ、皮脂の分泌量の多さが主な原因として挙げられます。
皮脂の分泌が多いこめかみや額から鼻にかけてのTゾーンに出来やすいのが特徴です。
20代~30代の大人ニキビは、原因が皮脂の過剰分泌だけでなく、Uゾーンと呼ばれる顎や口周り、フェイスラインにも発生しやすいのが特徴です。

5-1.大人ニキビの原因ってなに?

大人ニキビの原因は様々です。
・お肌のターンオーバーの乱れ
・お肌のバリア機能の低下
・化粧品やメイクによる毛穴の詰まり
・ホルモンバランスの乱れ
などなど。

大人ニキビはいろいろ原因が混じり合ってできるので、お肌のケアだけではなく、身体全体を健康にすることも大切です。

 

FREEサムネ大阪開院&渋谷移転キャンペーン!
ニキビLabo監修医師のニキビ専門皮膚科がオープン

 

先生4薬の効きにくいニキビの治療例
西川先生の治療日記

 

監修医師 西川嘉一について ニキビ治療のエキスパート 美容皮膚科医 東大医学部卒